第17回『服飾史研究会』報告

5月22日(火)弥生美術館にて「セーラー服と女学生」展を見学しました。
本来は着る人の年齢を問わないユニセックスなファッションであるセーラー服が
日本では女学生の制服として定着し愛されている秘密と魅力を、写真や実物、
レプリカ、イラスト、絵画、雑誌など様々な資料で示しています。
参加者は自身の高校時代の制服を話したり、知っている学校を見つけて話題にしたり
工夫をこらしたタイ結びに感心したりと楽しく見学しました。

今回は隣接した「夢二カフェ 港や」で、参加者全員がランチ後、再び入館して同じ建物にある
竹久夢二美術館も ゆっくり見学でき、より充実した見学会になりました。

弥生美術館

弥生美術館 縮小済


女学生 縮小済


カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QR