第8回『服飾史研究会』報告

3月2日 自由が丘「岩立フォークテキスタイル ミュージアム」にて
『第10会展 煌めく刺繍布 フルカリ 針で綴る華やかな世界』を見学しました。

今回展示されている「フルカリ」は、独立以前のパンジャーブ地方の農村で
女性たちに愛用されたベールです。
「フル」は花、「カリ」は仕事、花の刺繍を意味することだそうです。
地布は自家製の木綿を紡いだ糸を細巾に手織りし、3枚を接ぎ合わせて大きな布に仕立て、
茜や藍を使って 赤茶色や濃紺、紫などに染め上げてあり、それぞれの色には意味があるようです。
刺繍糸は撚られていない絹の真綿糸が用いられ、主にダーニングステッチで埋め尽くされています。
西パンジャーブ(パキスタン)では幾何学文様、東パンジャーブ(インド)では具象文様が多く
動物や人物、憧れの装身具、娯楽のゲーム盤など愉しい暮らしの図が刺繍されています。
室内では写真撮影不可でしたので、下の写真は入り口前に展示されていたフルカリです。
汽車が真ん中に刺繍されており、車輪や汽車の黒い煙まで刺繍されていました。

今回のフルカリ展は3月18日まで 木・金・土曜日の10時から17時開館
参照 岩立フォークテキスタイルミュージアム

岩立 フルカリ



カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QR