第23回『服飾史研究会』報告

 5/22(水)そごう美術館(そごう横浜店6階)「ウィリアム・モリスと英国の壁紙展」を見学しました。(6名参加)

ウィリアム・モリスを中心とした貴重な壁紙や版木など約130点が日本で初めて紹介されています。
壁紙が発展する中で、モリスのデザインがどのような役割を果たし、どのように受け継がれていったかに焦点を当てながら、英国壁紙デザインの発展と変遷がたどられていました。6/2(日)まで<参考:そごう美術館>

P_20190522_102709_vHDR_On.jpgP_20190522_110429_vHDR_On.jpgP_20190522_113247_vHDR_On.jpg

第23回『服飾史研究会』お知らせ

日時:5月22日(水)10時30分~
場所:横浜駅東口 そごう横浜店6階 そごう美術館入り口前に集合

「ウィリアム・モリスと英国の壁紙展」を見学します。
事前申し込み不要、どなたでも参加可能です。
集合時間までに直接いらして下さい。

  <参考に>ウィリアム・モリスと英国の壁紙展

尚、ただいま横浜では 日本大通り駅近くのシルクセンター「シルク博物館」では6月2日まで
開館60周年記念所蔵名品展『シルクのシンフォニー 染と刺繍のかがやき』展を開催中。

  <参考に>シルクのシンフォニー染と刺繍のかがやき

同じく日本大通り駅近くの「横浜ユーラシア文化館」では6月30日まで
『装いの横浜チャイナタウン 華僑女性の服飾史』展を開催中です。

  <参考に>横浜チャイナタウン 華僑女性の服飾史

午後もお時間のある方は、日本大通り駅方面に移動して
自由に見学されるのも良いかと思います。



プロフィール

kinunokai

Author:kinunokai

カテゴリ
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
QRコード
QR