第19回『服飾史研究会』報告

10月11日(木)文化学園服飾博物館にて
「ブルックス ブラザーズ展ーアメリカンスタイルの200年、革新の2世紀」を見学しました。

ニューヨーク、マンハッタンの片隅に紳士用品店を開いてから200年だそうです。
アメリカの歴代大統領45人のうち40人が顧客であったとか。
リンカーン大統領のフロックコートのレプリカも展示されていました。
手の込んだ刺繍が施された裏地の拡大写真も必見です。
ヤルタ会談でルーズベルト大統領が着ているケープも写真と、レプリカが展示されていますし
映画「華麗なるギャツビー」で着用されていた衣装の展示もありました。

軍服や映画 ドラマ 舞台衣装、キャンパスライフ、その他幅広く着用されています。
侍ジャパンの2018年オフィシャルスーツパートナーとして侍ジャパンを支えているそう。

おそらく日本に現存する最古のブルックスブラザーズの洋服として
1905年ポーツマス講和会議に向かう途中に、現地で調達したフロックコート(正装)も
展示されていました。
数多くの洋服が展示されているので、とても興味深く見学出来ました。

参考に
ブルックス ブラザーズ展

  軍服 縮小済


  ギャツビー 縮小済

  キャンパス スーツ 縮小済


  キャンパス 乗馬テニス スキー縮小済




◆被服学科有志ファッションショー開催

 目白祭恒例の人気企画。テーマは「夜の美術館」。作品展と併せて、学生の感性をお楽しみください。
日 時:10月20日(土) 21日(日)
    第一夜 11:30会場 12:00開演
    第二夜 13:30会場 14:00開演
会 場:百年館低層棟2階 207教室