秋の見学会のご報告

2017年10月29日(日) 長野県須坂市の「田中本家」に見学に行きました。

19回生から39回生の16名が参加、長野県内からはお一人の参加で
他の皆様は首都圏から新幹線や車を利用しての参加となりました。
「田中本家」では、企画展『コドモノクニ』~童画とファッションとおもちゃ~や
常設展、お庭などを説明を聞きながら見学。

20171029231439e1c_convert_20171030194156.jpg 20171029231526b9e_convert_20171030194227.jpg
201710292315443b4_convert_20171030193345.jpg 201710292315549a5_convert_20171030193428.jpg

現在の館長の祖父が、展示子供服を着用していた田中太郎さん。
太郎さんの姉の田中千よふさん(大正5年生)が日本女子大の卒業生という事で、
館長は、日本女子大 衣の会の見学にご縁を感じて喜んでいらしたようでした。
三越呉服店や松坂屋で誂えた子供服や、今でも色鮮やかで状態のよい
「コドモノクニ」の冊子の数々もとても興味深い物ばかりでした。

20171029231728420_convert_20171030193547.jpg 2017102923171551e_convert_20171030193904.jpg
201710292316339f1_convert_20171030193825.jpg 20171029231607b41_convert_20171030193715.jpg

昼食は、田中本家のお休み処で、江戸料理を再現した「橘弁当」を
美味しくいただき、その後解散、それぞれで蔵の街 須坂を見学し帰途につきました。

20171029231653c4c_convert_20171030193749.jpg 20171030065338096_convert_20171030193638.jpg

衣の会創立30周年記念誌ご希望の皆様に

◆衣の会創立30周年記念誌ご希望の皆様に
衣の会創立30周年記念誌『母校との絆をつむいで』を、同窓会やクラス会で話題にしていただき、ぜひ読みたいがどうすればよいかとのご質問が寄せられています。お送りいたしますので、被服学科衣の会(TEL: 03-5981-3477)に氏名、住所、回生、「30周年誌希望」とご連絡ください。ホームページでも受け付けます。

第54回 家庭科教育研究会

◆第54回 家庭科教育研究会
  次回、研究会を3月下旬に予定しています。
詳細はHPでお知らせします。

アパレル研究会講演会のお知らせ

◆アパレル研究会講演会のお知らせ
被服学科大塚研究室主催、衣の会共催の講演会を開催します。実技、実演を交えた内容です。詳細は衣の会ホームページ(HP)をご覧ください。当日参加可ですので、多くのご参加をお待ちしています。
日 時 : 2017年10月27日(金) 13:00~14:30
会 場 : 80年館5階851教室
テーマ : 「日本の化粧の歴史」
講 師 : 富川 栄 先生
元(株)資生堂SABFA校長、ビューティーディレクター
問い合わせ:大塚研究室 TEL:03-5981-3486

桜楓バザーに手作りの会が参加

◆手作りの会が参加(作品販売)します
ご家族、同窓生など誘い合って、ぜひご来場ください。詳細は桜楓会HPをご覧ください。
・ホームカミングデー ワンテーブルショップ
目白祭(10/21、22)と併せて、お楽しみください。
日 時:10月21日(土)10:00~15:30
会 場:百年館低層棟2階205教室
・桜楓バザー
恒例のお買い得品がいっぱいのバザーです。
日 時:12月1日(金) 10:00~15:30
会 場:桜楓2号館

秋の見学会のお知らせ

豪商の館 田中本家博物館 (長野県 須坂(すざか)市)
                                          
  今回の見学会は、服飾史研究会の企画により「田中本家博物館」に行くことになりました。

   田中本家は、江戸中期に現在の須坂市で穀物、菜種油、煙草、綿、酒造業などの 商売を始め、
  代々須坂藩の御用達を勤め、名字帯刀を許される大地主へと成長、その財力は須坂藩をも上回る
  北信濃屈指の豪商となりました。
  現在の屋敷構えは、約100m四方を20の土蔵が取り囲む豪壮なもので、天明年間の1780年代作の
  庭園と、客殿・主家などの建物があります。
  土蔵には、江戸中期からの 田中家代々の生活に使用された衣裳、漆器、 陶磁器、玩具、文書などが
  大変よい状態で 残されており、その質と量の豊富さから近世の正倉院とも言われているそうです。
  土蔵5棟を改装した展示館では常設展(大人の衣装など)のほか、年5回の企画展も行われています。

       (参考) 田中本家とは

  この時期の企画展は~「コドモノクニ」 玩具と子供服と~です。
  東京社(現ハースト婦人画報社)が創刊した初のこども雑誌「コドモノクニ」の創刊95周年を記念して
  企画されました。
  「コドモノクニ」は、創刊期の大正モダニズムを背景とした芸術性、デザイン性を重視して作られ、
  子供向けという範疇を 超えた新たな芸術総合雑誌といえるものでありました。

       (参考) 「コドモノクニ」の子供たち

  その「コドモノクニ」と田中家の子供達が着用した子供服、教育玩具などが展示され、
  明治から大正時代に発芽したこども文化が紹介されています。  
      
       (参考) 企画展「コドモノクニ」玩具と子供服と

   皆様のご参加をお待ちしております。

   日   時  2017年10月29日(日) 15時頃まで
   集   合  長野電鉄 須坂駅 10時40分 改札口を出た所 
                     お勧めの長野電鉄 (長野駅10:06発 須坂駅10:31着) 
          ※田中本家へはタクシーで乗り合わせ、所要時間は5分程です。
   内   容  企画展(解説付き)・常設展・昼食・庭園散策
   会   費  6000円(昼食・入館料など) 非会員6500円
   募集人数  20名  
   申し込み   下記の衣の会お問い合わせフォームから
                回生・氏名・メールアドレス・電話番号・住所を入力してご連絡下さい。
                                 
                  衣の会お問い合わせ
      
   申込締切  7月31日

      【昼食】 江戸料理再現 田中本家の「橘弁当」
           田中本家に伝わる江戸時代の古文書「諸客賄方控帳」の記録をもとに、
           江戸時代の料理を再現した「橘弁当」(「橘」は田中本家の女紋)
           器は当館所蔵の「蒔絵桃樹文重箱」を復刻した三段重ねのミニ重箱。
           お吸い物、紫米おこわ、庭で取れた梅から作った梅ジュース、女紋の膝掛ふきん付き。
                 
                 田中本家 橘弁当
                 


今回は首都圏だけでなく各地から参加していただく事を考えて長野電鉄 須坂駅集合に致しました。
須坂までの往復交通は各自で準備をお願い致します。
         
           (参考) アクセス 

           (参考) 長野電鉄

            ★尚、お申込みの方には、詳細をお知らせ致します。
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QR