第11回『服飾史研究会』報告

6月30日 たばこと塩の博物館にて
特別展「着物と装身具に見る 江戸のいい女・いい男」を見学しました。

東京で袋物商として活躍した中村清商店の創業者・中村清氏(1887〜1946)が昭和初期に収集した、
江戸から明治・大正時代にかけての染織品コレクションを中心に、女性と男性の着物と、それぞれが
身につけた「筥迫(はこせこ)」や「たばこ入れ」などの装身具約200点を展示し、当時の人々が持って
いた装いに関するこだわりと美意識が紹介されていました。

素晴らしい着物や装身具の数々でしたが、特に男性の着物や装身具の粋なこと、
個性的なデザインや緻密な細工に驚かされました。その中でも、根付は象牙に細かい彫りを入れた物や
黄楊に漆塗り形彫り細工した物など、芸術作品のようで感嘆致しました。

非常に見応えのある特別展でした。
7月2日までの開催です。

たばこと塩の博物館

たばこと塩の博物館 縮小

ワークショップのご報告

2017年6月8日 衣の会会員主催による新一年生を対象としたワークショップが開催されました。
今年は「ワッフルコーンのアイスクリームチャーム」作りで、手作りの会の方々が材料や作り方を
用意して、当日は直接ポイントを教えて下さいました。
参加人数が少ないのは残念でしたが、佐々井会長も赤いイチゴの粒々を黒糸でステッチして
オリジナル作品を作り、衣の会の幅広い年代が一緒に和やかに楽しめる時間でした。
新一年生が一生懸命に作り、出来上がった可愛らしいチャームに満足している様子は初々しく、
後輩のそういう姿を見られるのは衣の会のワークショップならではですね。
作り方を掲載いたしました。続いて当日の様子を写真でご覧ください。
繝ッ繝シ繧ッ繧キ繝ァ繝・・_convert_20170616192347
最初に洗濯バサミで

丸い部分完成途中 全体

教えてもらって赤糸で

イチゴの粒々佐々井会長ご挨拶

佐々井先生ご挨拶完成品 三個

バッグにつけてリュックにつけて