第10回『服飾史研究会』お知らせ

日時:5月19日(金)10時30分~
集合場所:横浜美術館 チケット売り場
     横浜美術館アクセス   

「ファッションとアート 麗しき東西交流展」を見学します。
 19世紀後半から20世紀前半のファッションと美術に焦点を当て、横浜を拠点とする東西の文化交流が
 人々の生活や美意識にどのような影響を及ぼしたかを紹介しているそうです。

当日、直接集合場所にいらしてください。事前に申し込み不要です。

参照  ファッションとアート 麗しき東西交流展

*佐々井先生から専門的なお話も伺いながら、楽しく見学しています。
*見学会後、お時間のとれる方は昼食もご一緒に、回生の違う方々との交流も楽しいです。
*ご質問のある方は衣の会アドレスへメールでお願い致します。
  お名前、回生、連絡先をお忘れなく。
  衣の会ホームページのお問い合わせページからも送信可能です。

第9回『服飾史研究会』報告

4月26日 文化学園服飾博物館にて「ヨーロピアン・モード」を見学しました。

宮廷が流行を生みだした18世紀のロココ時代から、産業の発達や社会の変遷とともに変化する19世紀、
若者や大衆が流行の担い手となった20世紀末まで、ヨーロッパを発信元とする約250年の女性モードの
変遷を年代別ドレスの展示を見ながら、ところどころで佐々井先生から説明を聞きました。
変遷の中で「黒」のドレスや服飾品にも注目していて、19世紀後期以降、黒いドレスは喪服としてだけでなく
流行としても受け入れられるようになったそうです。
19世紀後期から、デザイナーが黒一色の中に個性を光らせた20世紀後半の「リトル・ブラック・ドレス」は
さすがに、どれも非常に素敵で現代でも着用できるような洋服でした。

今回の「ヨーロピアン・モード」展は5月16日まで展示です。
文化学園服飾博物館
文化学園服飾博物館

ヨーロピアン・モード ポスター


NO,84 会報

この記事はブロとものみ閲覧できます
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QR